ワインを飲めなかったわたしが、2020年1月1日 さっそくワインをいただいています。

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 13:09

JUGEMテーマ:今日のワイン

 

先日買ったワインが昨日届いたので、さっそくいただいています。

 

いつもは楽天に出店しているお店で購入していましたが、今回は、amazonに出品している「京橋ワイン」さんのボル金12本セットを買ってみました。

 

おいしければ何でも良いので、ワインの知識にあまり興味はないけれど、ワインの説明リストが同梱されていて、思わず読んでしまいました。

 

ふむふむ。これがあると、好みのワインにどんな傾向があるのか、「言葉」として表現できるようになると思うので、とっても便利かも。

 

ちなみにわたしはチェリーやカシスの香りプラスお花の香りがする系のやつが好きです。

あと、ぶどうのかわにへばりついている実の部分の味がほどよくする感じのやつが好きです。

 

余談ですが、もうないみたいだけど、昔、スタバにラベンダーの紅茶があって、”ラベンダー・ティー・ラテ”を飲んでみたことがあるんだけど、その衝撃たるやいなや…ひどく感動し、それ以来、お花(ローズも)の香りがする食べ物・飲み物が大好きになったのでした。

 

それまでは、お花の香りのするものって「石鹸の味」しかしない印象だったんだけど、コーヒー屋さんでお花の香りのする紅茶が私の記憶の味覚を上書きしてくれました。ありがと〜!そして、復活させてほしいです。

 

今日のんでいるのは、これ。理由は特になく、適当に手にとったものがこれだったってだけ。

 

 

 

「肉料理にぴったり」って書いてある…。

 

お肉料理をする時に…って一瞬思ったけど、お肉はささみくらいしか食べないからワインに合いそうな食べ物はないけど、まあいっかと思って飲んでいます。

 

んー!わりと濃厚。久しぶりに美味しいワインをいただいている感じがします。おいしい〜♪

 

昔、ワインを飲むと、いつもリバースしていた記憶があって、ほとんど飲んでなかったんだけど、ワイン好きの友人と外食を楽しみたいから、家で練習(!?)してみよっかな〜、と思って、赤ワインを買って飲んでみたら、1本あけてしまったんだけど、二日酔いにもならず、頭痛もなく、「お酒のんだっけ?」というくらい全然普通で、自分に驚いたんだけど、そこからずっとワインを楽しめています。

なので、ワインを開けたら最後、平日でも1本飲んでしまいます。

 

わたしの場合、食べ物を食べながら飲むと、消化が追いつかないのか、もどしてしまうことがわかったので、飲む時は、ほとんど何も食べないです。食べても、かなりゆっくり食べます。

 

それから、普段はスーパーの980円くらいのワインばかり飲んでるんだけど、例外なく翌日頭痛に襲われるものもあります。いつだったか、某有名ソムリエとのコラボワインがあったので、飲んでみたところ、昔、うちのばあちゃんが採ってきた山葡萄でお酒を作ってたやつに味がそっくりで、(ばーちゃん、もしかして天才だったのかも…とか本気で思ったけど。)思ってた味とはだいぶ違ってたけど、まあいっか、と思って1本あけた翌日、ありえないほどの頭痛に襲われ、数度に渡り裏切られた、感がしました。

 

あと、某大手ワイン屋さんの店頭で買ったものも、なぜか、ほぼ例外なく翌日頭痛に襲われます。。

ちなみに、わたしが買うものは、高くても2,000円のものです。

 

飲めないと思っていたけど、飲めることってあるんだな、って話と、それでもものによっちゃーNGなものもあるんだなって話でした。

 

2020年も美味しいワインに出会えますように!

 

赤ワイン セット 12本 金賞ボルドー フルボディ

 

 

昔、これを観て、ワインの世界も色々なだ〜と思った記憶がある。

カリフォルニアのぶどう園のオーナーのマダムが、(低賃)労働者に「オリジナルジャンパーを作ったの。みんな喜ぶのよ。」っていうシーンが特に印象的だった。。

 

あらずじは、『Yahoo!映画』がわかりやすかったです。

 

 

DVD:モンドヴィーノ [レンタル落ち]

 

 

こっちは、同じ時期に観た映画で、単純に純粋に面白い映画でした!

こちらも、『Yahoo!映画』をどうぞ〜。

 

Amazon Prime:サイドウェイ (字幕版)

DVD:サイドウェイ (特別編) [AmazonDVDコレクション]

Blu-ray:サイドウェイ [Blu-ray]