若作りと優先席

  • 2019.11.18 Monday
  • 21:41

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

昨日、満員電車とまではいかないけど、やや混んでる電車に乗ってたら、優先席のところで揺れと一緒にやたらふらつく人がなんとなく横目に入ってきて、…え。。そんなに年そうでもなさそうだし、誰も席を譲ってあげそうにないし…酔っ払い!?とか思って白目でだけ見ていて、きちんとは見ないようにしていたのだけれど、

 

そしたらその人が普通席があいた途端、やや早歩きで席についたのさ。

 

その時にはっきり姿かたちをみたんだけど、

 

なんか、襟足が… んん?生え際が…

 

グレーが混ざった栗毛色の(あきらかに)かつらだったか〜!!!…ってさ、きづいちゃったんだよね。

 

優先席にはほぼ若者が座ってたんだけど、みんなスマホ見ていて、視界におじさんが入っていないわけではなかったけど、そもそも見てないからまさかかつらだとは思ってなくって、席を譲らなかったんじゃなかろうか…と思ったね。

 

かつらだ、と気づいていた人がいたとしても、声をかけられて、「おれはまだそんな年じゃねぇ〜!コノヤロ〜!怒」とかフラフラしながら怒鳴られてもイヤだよね。。

 

あのおじさんがどんだけ薄毛なのかはわからないけど、かつらを被ってなければ席を譲ってもらえる確率は被ってる時よりも高かったんじゃなかろうか…と思う。

 

若作りを優先するのか、席を優先するのか…。

 

いやはや微妙なところよね。。

 

パリのすてきなおじさん

コメント
コメントする